会社概要

●ご挨拶

日頃の愛顧、ありがとうございます。

佐賀有明海の魚介類を酒粕に漬け、珍味を製造し、
お客様にお届けすることから始まった竹八の歴史。

約34年前(1983年)東京阿佐ケ谷に、直営店を開店してから
さまざまな商品をお客様にお届けしてまいりました。

近年では、冷蔵技術や運送の格段な発達により、
私どもの商品も、当初よりも塩分を減らすなど
より自然な形へと変化してきています。

たくさんのお店の中から竹八をお選びいただいたことに感謝して
これからも、多くのお客様に喜んでいただけるよう、
より安心で美味しいものづくりを心がけてまいります。

皆さまのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


東京竹八株式会社
代表取締役 岩﨑 裕輝朗

●会社概要

会  社  名 東京竹八株式会社
住  所 〒849-0311 佐賀県小城市芦刈町芦溝128-3
【電話番号】0952-37-0666(代表)
【FAX】0952-37-0668
【東京営業部】
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-13-12-101
事業内容 各種粕漬製造、販売、海鮮原料輸入販売
設  立 2017年2月
資  本  金 300万円
代  表 代表取締役 岩﨑 裕輝朗
取引銀行 福岡銀行 佐賀支店
佐賀銀行 本店

●沿革

1887年(明治20年)  植木忠三 佐賀県南川副に生まれる。
1902年(明治35年)  有明海魚介類の仲買を中心とした海産物の取扱を始める。
           やがて「かに漬」「あみ漬」「海茸」の加工、九州一円への行商を始める。
1923年(大正12年)  熊本県人吉に海産物屋を開店。
1925年(大正14年)  竹下八郎(忠三の甥)が加わり『竹下兄弟商店』を設立。
1932年(昭和 7年)   竹下八郎が独立し、『竹八商店』を創設。
1950年(昭和25年) 『有限会社竹八』資本金50万円を設立。
1965年(昭和40年) 『株式会社竹八』に改組。
1971年(昭和46年)  東京営業所を東京都杉並区下井草に開設。
1973年(昭和48年)  東京営業所を東京支社へ改組。
1976年(昭和51年)  東京支社を独立『株式会社竹八』(東京)資本金2000万円を設立。
           代表取締役会長に竹下八郎、代表取締役社長に竹下直紀が就任。
1983年(昭和58年)  東京都杉並区阿佐谷に直営店開店。
1989年(平成 元年)  新ロゴ制定。

             rogo_aka.jpg

            佐賀市金立町にて佐賀第一工場操業開始。佐賀工場直売店を併設。
1990年(平成 2年)  『サガシーフーズ株式会社』として佐賀第一工場を独立。
1992年(平成 4年)  『サガシーフーズ株式会社』を『サガシーフーズ竹八株式会社』に社名変更。
1994年(平成 6年)  『株式会社竹八』資本金を3500万円に増資。
           『佐賀城内店』を開店。
1997年(平成 9年)  『サガシーフーズ竹八株式会社』を『竹八竹味真株式会社』に社名変更。
2000年(平成12年)  東京・阿佐谷本店内に初の飲食部門『魚菜逸品竹八』を開店。
2001年(平成13年)  カナダ ハリファックス 『クリアウォーター社』と米国向け商品の共同開発を
            開始。中国(大連市)協力工場における製造開始。
           『博多竹八』(福岡市博多区)開店。
2002年(平成14年) 『佐賀城内店』を移転、『佐賀店』に店名を変更。
2004年(平成16年)  東京都杉並区阿佐谷にちゃんぽんの店『ちゃんぽんぽん』、
            スープの店『すーぷすぷカフェ』開店。
2005年(平成17年)  東京都杉並区阿佐谷にちゃんぽんの店『ちゃんぽんぽん』、
            スープの店『すーぷすぷカフェ』閉店。
2008年(平成20年) 東京・阿佐谷本店の食事処『魚菜逸品竹八』をリニューアル。
2008年(平成20年) 『博多竹八』、『佐賀店』を佐賀工場直売所に統合。
2010年(平成22年) 代表取締役竹下直紀が取締役会長に、竹下晶子が代表取締役に就任。
           新マークの制定。

             takehachi.jpg

2011年(平成23年) 東京・阿佐谷本店 リニューアル。
2015年(平成27年) 取締役会長 竹下直紀が代表取締役に就任。
2016年(平成28年) 阿佐ケ本店、閉店。
2017年(平成29年) 株式会社竹八<新店舗準備室>開設。
2017年(平成29年) 東京竹八株式会社設立。岩﨑裕輝朗が代表取締役に就任。