[MENU]   貝柱粕漬のレシピ  ゆずこしょうのレシピ  その他のレシピ  ごはんの伴・酒の肴のレシピ  漬魚のレシピ  あぶり漬のレシピ  黒五いわしのレシピ
※材料にある竹八の商品は、他の商品でもアレンジして頂けます。

あぶり漬のレシピ

さっぱりとしたヘルシー料理にごまをきかせて
「楽太郎」西京吟醸漬と春野菜のマリネ

材料:<二人前>
楽太郎 西京吟醸漬3個入
1袋
なばな
3束
みつば
1株
サラダセロリ
3束
赤玉葱
1/4個
パプリカ
1/4個
★調味料
煮切りみりん
(みりんに30秒ほど火を入れる)
大さじ2

(酸味が苦手な方は煮切みりんを
  作る際一緒にするとまろやかに)
大さじ2
醤油
小さじ1
塩昆布
小さじ1
すりごま
小さじ1
ごま油
小さじ1
作り方:
1)なばなを塩ゆでする。
2)赤玉葱を薄くくし切りにし、10分放置する。
3)なばな、三つ葉の茎部分を2センチ幅に切り、
  三つ葉の葉の部分とサラダセロリは細かく切る。
  パプリカは薄切りに。
4)上記の★の調味料を全部合わせてよく混ぜる。
5)切った野菜をボールに入れ、二つまみほど塩を入れて
  下味をつける。
6)野菜のボールに合わせ調味料を入れてよく混ぜる。
7)切った野菜をボールに入れ、二つまみほど塩を入れて
  下味をつける。
8)楽太郎は食べやすい大きさに切り、骨を取り除く。
9)器に楽太郎を入れ、その上に調味料を馴染ませた野菜を
  平らにしながらいれ、ラップをして冷蔵庫で30分ほど
  寝かせる。(ラップは野菜に密着させてかける。)
10)器に盛りつけた後、すりごまをかけるとさらに風味が増す
  のでお勧め。

さわら味噌

材料:<二人前>
あぶり漬さわら西京漬
2切
味噌
大さじ1
みりん
大さじ1
砂糖
大さじ1
大さじ1
作り方:
1)さわらのあぶり漬は皮を取り、きれいにほぐしておく。
2)味噌、みりん、砂糖、お酒をよく混ぜる。
3)2)に1)を入れ、さらに練り上げる。
4)九条ネギなどを添えてお酒の肴に。
  ~きゅうりにつけたり、おにぎりなどにも重宝します。~

鮭の西京吟醸漬と玉ねぎとわかめの
デトックスサラダ

材料:<二人前>
鮭の西京吟醸漬又はあぶり漬の西京吟醸漬(竹八商品)
2切
玉ねぎ
1/2個
わかめ
適量
ニラ
適量
オリーブオイル
大さじ約4
適量
適量
作り方:
1)玉ねぎはスライスして水にさらし、パリッとさせる。
2)ニラを刻み、お湯をさっとかける。
3)わかめを刻んで1)2)といっしょに混ぜる。
4)焼いた鮭の西京吟醸漬(又は温めたあぶり漬の鮭西京吟醸漬)をほぐし
  3)と混ぜ合わせる。
5)オリーブオイル、酢、塩を混ぜてドレッシングを作り
  4)を和える。

銀だら西京吟醸漬の
具だくさんオリーブオイルがけ

材料:<二人前>
銀だら西京吟醸漬又はあぶり漬の銀だら西京漬(竹八商品)
2切
きのこ(エリンギ、まいたけ)
1房
プチトマト
2個程度
パプリカ
1/2個程度
にんにく
1かけ
オリーブオイル
大さじ約4
パセリ
適量
アンチョビ
適量
唐辛子
適量
塩・こしょう
適量
作り方:
1)きのこはざく切りにし、プチトマトは四つに、パプリカは
  1センチ角に切り、オーリーブは種を取って刻んでおく。
2)フライパンにたっぷりのオリーブオイルを入れ
  薄切りにんにくを入れてゆっくりと加熱、きつね色
  になったら、ちぎったパセリと小口切りにした唐辛子、
  切ったアンチョビを加え混ぜ、火を止める。
3)1)の材料(きのこと野菜)をオリーブオイルで
  さっと炒める。
4)2)3)を混ぜ合わせ、塩こしょうで好みの味に整え、
  そのままオリーブオイルごと漬込む。
5)焼き上がった(または温めたあぶり漬)銀だら西京吟醸漬にかける。

秋の茸とキングサーモンのワイン蒸し

材料:<二人前>
竹八のあぶり漬:焼キングサーモン(塩糀漬)
2切
1/2カップ
ワイン
30cc
白舞茸、舞茸、エリンギ
各一房
ズッキーニ
適量
レモン
適量
彩りトマト(※なければプチトマト)
適量
塩・こしょう
適量
バジル
適量
作り方:
1)フライパンに竹八のあぶり漬:焼キングサーモンをのせ、
2分の1カップの水を入れ強火で沸騰させる。
2)1)に、手で裂いた白舞茸と舞茸、縦4つ切りにしたエリンギ、
角切りにしたズッキーニ、角切りにしたレモン、
2つ切りにした彩りトマト(グリーン・黄色・赤_オレンジ ※なければプチトマトでもOK)
を入れ、30ccの白ワインを加え、
一煮立ちしたら火を止めます。
3)塩・こしょうで味を整え、スープごと皿に盛りバジルを
添えて出来上がり。
〜他にも応用可能です!〜
 >1  >2  >